塾長ごあいさつ

塾長ごあいさつ

教育方針イメージ

Mアカデミア進学教室
塾長/松本 真理子

Mアカデミア進学教室は、1981年、千葉市の東端土気の地にてスタート、以来一貫して地域に根ざし地域と共に歩む、地域密着の学習塾として歩んできました。

教え育てるのが教育。教えることと育てることは塾という車の両輪です。
Mアカデミアの「学力別少人数クラス編成」は、何よりもまず、教えるべきことはとことん徹底して教えます。と同時に、「自分はできる」という思い(自分への信頼感)を引き出し、夢を現実のものにしていく勇気を育てます。

今という時代を見つめ、10年後20年後を見つめ、親から子へ、親から子へとつなぐものをはるかに遠くのぞみながら、生徒一人ひとりの今日一日の努力と充実を、熱く楽しく実現させていくことが、私どもの切なる願いです。

 



顧問の紹介

目標イメージ

川幡 政道

臨床心理学、精神分析学専攻。横浜市立大学名誉教授。横浜ロール・プレイング研究会会長。日本心理劇学会常任理事。日本教育カウンセラー協会上級教育カウンセラー。著作は「心のはたらきがわかる心理学」、「ロール・プレイングー即興劇による人間の探求と治療」、「見捨てられる不安ー家族と社会の現在」、「過去の再演を越えて」。訳書「記憶力―そのしくみとはたらき」など。
中学時代に心理学に目ざめ、中3で催眠術をマスター。20代で幼な馴じみと現代版“適塾”の構想を熱く語りあうが実践に至らず、時経て現在の塾顧問に。Mアカデミア教育講演会では「子どもの心、親の心を考える」の3回シリーズ(子供の夢を育てよう、イジメないイジメられない子どもになる、親子で作る対話力)や、「やる気にさせる親子関係の不思議」など。さまざまな場で、スーパーバイザーとして又自らもカウンセラーとして活躍。